サル株Top>ベータ値で上昇率の高い銘柄を探す!

  
  ベータ値で上昇率の高い銘柄を探す!



 ベータ値とは
  個別銘柄やポートフォリオが市場全体の変動に対して反応する度合いを示す。

  つまり、リスクを数値で表したものです。


 ベータ値は市場全体の動きと、個々の銘柄の動きの相関関係を表したものです。
  まず、日経平均などの広範囲の市場指数のベータを"″として、
  ある銘柄のベータが"″なら、その株価は市場の2倍の値動きをします。
  
  つまり、市場が10%上昇すると、その銘柄は20%上昇するのです

  逆にベータが0.5であれば、
  市場が10%の上昇下降に対して、その銘柄は5%の上昇下降するということで
  リスクの低い投資が可能になるわけです。

 しかし、株価変動のすべてがベータ値に依存しているわけではありません!
  ベータは市場に対するある銘柄の値動きを示すものですから、

  個々の企業の要因による株価の変動、つまり
   大規模な顧客の獲得
   インサイダー取引の発覚
   業績の上方&下方修正
  
  などのニュースは、ベータ値とは無関係に株価を変動させます。


 しかし、
 上昇率の高い銘柄探しに、ベータ値は非常に参考になります。
 リスクを減らしたい人にとってもやはり、参考になります。

 私の場合は、ベータ値を参考に、ベータ値の高い銘柄(1.5以上)の中で、
 その銘柄の業績、将来性、などのファンダメンタルな情報も調べて、
 将来性のある企業を探します。

 
 もちろんベータ値を用いなくても十分投資は出来ます。
 
 
 ベータ値を知りたい方は会社四季報(東洋経済新聞社)を見てください。
  四季報にはベータ値以外にもすべての財務指標が載っているので、
  ファンダメンタルズの分析に重宝することは間違いないでしょう。
  
  四季報はその名の通り、季節ごとに1刊、年に4刊発行されます。


 会社四季報の紹介としては、
  株式投資のバイブル、証券界のインフラ
   ● 株式投資といえば、まずは「四季報」から。1936年の創刊から65年、
    一貫して読者の立場から集し、「株式投資のバイブル」として親しまれる。
    歴史的な知名度と情報の信頼性で他を圧倒。
  
コンパクトな企業データブック
   ●全上場会社・店頭会社、約3600社を網羅。
   ●企業情報収集の定番として、株式投資の情報源のみならず、
    取引先の調査やマーケティング、就職情報として広く活用。
  
約7割の圧倒的シェア 
   ●
証券会社・金融関係のプロから圧倒的な信頼。
     類似誌を押さえて68.9%の市場占有率。
 
 
 会社四季報の詳しい情報、購入を検討されている方は下記からどうぞ
    ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
   会社四季報を1年間 (全4刊) 定期購読される方はこちら(FUJISANオンライン書店へ)
   
   会社四季報を1刊だけ購入される方はこちら(Amazon.co.jpへ)


     上昇率&上昇回数←  トップメニューヘ  →増益率&PER&配当利回り
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO