サル株Top>抵抗線と支持線とは?

 ☆抵抗線と支持線とは?

  なぜ「抵抗線」と「支持線」が出来るのか?

  それは、投資家は株式を購入した時の価格や、買い損なった時の価格を忘れないからです。

  例えば、
   安定的に1株100円で取引されていた銘柄があり、その株価が急に80円まで下落したとします。
   もしこの株価が再び100円まで上昇したとすると、多くの投資家は損をしないこの株価水準で
   株を売却しようとするでしょう。
   そのため100円まで株価上昇した銘柄は再び下降しだします。
   こうして「抵抗線」ができるのです。

  「支持線」の場合も同様に、
   1株100円で安定的に取引されていた銘柄があったとします。
   これが120円まで上昇した場合、株価100円の時に買い損なった投資家は、
   儲けるチャンスを逃したと思うでしょう。
   そして、そのような投資家は株価が再び100円まで下がってくると
   次こそは儲けるチャンスを逃さないようにと、買いに走るのです。

   100円で売ってしまい、上昇相場に乗れなかった投資家も同じように、
   100円まで値が下がってくると、株を買い戻すだろうと考えられます。

  このようにして「抵抗線」と「支持線」は形成されるのです。








チャート読みテクニック←  トップメニューヘ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO