サル株Top>テクニカル分析

 ☆テクニカル分析 チャートを読む


  テクニカル分析とは…
    つまりチャートを見てこれから株価が上がるのか下がるのかを予測する分析方法です。

  

  チャートで、株価の動きを表す代表的なものとして、「ローソク足」があります。
  ローソク足には一日の動きを表す「日足」、週単位の動きを表す「週足」、そして「月足」「年足」
  があります。
                     
                    ローソク足の見方

  

  「ローソク足」付近にあるの折れ線グラフは「移動平均線」です。」
  代表的な移動平均線として、
  一週間の終値を13週分足して、その平均をグラフにした、13週移動平均線があります。
  他に6日、12日、25日、200日、26週、などたくさんあります。

  「ローソク足」の下にある棒グラフは、「出来高」です。
  「出来高」はその日市場で売買された株の数を示しています。
  つまり、、出来高が多い人気があるということです。
  そして、人気その株を買う人の増加株価上昇となるわけです。
  しかし、売られた株数も出来高に当然反映されるので、注意が必要です。

  出来高が少なくても買い?

出来高が多い 売買に参加する人が多いので売買が成立しやすい
出来高が少ない 売買は成立しにくいが、株価の値動きが大きいので短期間に利益を得ることが可能







四季報で分析←  トップメニューヘ  →株価の波を読むテクニック
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO