TOP>こういう人が損をする―儲かる株を買っていない

●こういう人が損をする!! 儲かる株を買っていない


  株を買ったことがある方ならだいたいの人が経験があると思いますが、
  証券会社の営業社員や雑誌で紹介される「おすすめ銘柄」の通りに株を買って損をしたことがありませんか?
  
  これらのおすすめ情報が個人投資家に流れた時点で株を買うのではすでに遅いのです。

  なぜなら、プロや機関投資家が情報をいち早くキャッチし、すでに株価は上がりきっています。

  例えば、スクウェアエニックスが、新しいゲームソフト「ドラクエ」または「FF」を12月に発売することを
  5月に発表したとしたら、株価はいつ上昇するのでしょうか。

   @12月
   A5月

  正解は、@でもAでもありません。制作を発表した時、最も株価が上昇します。
  もしかしたらそれも間違いかもしれません。
  制作の発表をする前に、裏情報を得た人が、
  大量の株の購入に乗り出し、株価はすでに発表を前に急上昇しだしているかもしれません。
  
  
  株価とは、とても効率的な動きをします。

  
なぜなら今日新しい情報を手に入れた人は、明日ではなく今日直ちに株を買い、すぐに株価に反映するからです。
  

 ●それじゃあ個人投資家が株で儲けるのは無理じゃないのか?
 ●新聞や、ニュースを見る意味は無いのではないか?
 ●会社四季報などに記載されている会社基本情報や、財務指標をもとに分析するのはすでに遅いのではないか?


  
それは違います!!まずここで賢人のお言葉を頂きましょう。
  『ロケット工学で博士号を取る必要はありません。
  投資とは、知能指数160の人間が130の人間を倒すゲームだからです。 合理的かどうかが問題です。』

  
伝説の投資家ウォーレン・バフェットさんのありがたいお言葉でした。
  
  
つまり言いたいのは、わざわざプロと同じ土俵で争う必要はない!ということです。
  
プロと戦うのはあまりに不利です。
  
 では実際どのように企業を分析していけばいいのか!?ということについて
 私の知る限りをこのホームページに記していくつもりです。



トップメニューヘ  →買いのタイミング・ミス

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO