サル株Topリスク軽減投資(塩漬け株対策)

リスク軽減投資(塩漬け株対策)



  ここでは、間違ったタイミングで株に大金を注ぎ込んで、不幸になってしまうのを防ぐ、

 コスト平均法
                                 を紹介します。


  ●この方法とは、ただ単に定期的にある一定の金額を同じ銘柄に投資するというものです。

  この方法を実践すると、一時的に高騰している株に誤ってすべての資金を投資してしまうのを防ぐことができ、
  投資のリスクをかなり減らすことができるのです。
  ※倒産の危機によって暴落した銘柄ではコスト平均法は逆効果になります。


  なぜなら高値で取得した株数よりも、安値で取得した株数の割合のほうが多くなるからです。

期間 投資額 時価 購入株数
300円 100円 3枚
300円 50円 6枚
300円 75円 4枚
合計 900 平均時価(100+50+75)÷3= 75 合計 13
平均単価:900÷13= 約69

  上の表を見てもらえれば分かるように、もし、高値の100円で株を取得してしまったとしても、
  その後の同額の再投資によって、

  1株あたり7569円  

  全株売却したとすると、投資額900円に対して×1378円の利益を上げられる計算になります。


  購入した時価の平均は75円で市場と同じ価格であるにも関わらず、利益が出ているのです。


  つまりこのコスト平均法を利用すると、高値で取得し、その直後株価がみるみるうちに下落してしまったとしても
  ただの塩漬け株にしてしまうということをなくすことが出来ます。



  ここで忠告しておきたいのは、
  市場全体が暴落したり、下降トレンドに入ったとしても
  あなたは弱気にならず、強い意志を持って同じ金額を追加投資しなければ意味がないということです。
  もしあなたが株価の暴落に怖じ気付いて追加投資を止めてしまったなら、
  超安値の時にその株を取得できなくなってしまうのです。

  コスト平均法は、市場が暴落すればするほど有利な投資なのです。
  この投資法が成功するかどうかはあなたの意思にかかっているのです。



  すべての投資家が余裕資産で投資してるわけではないでしょう。

  子供の教育資金を銀行に預けるよりも株に投資するほうが利回りが良いとして投資している人
  定年により給与所得に頼れないため、これからは貯金を取り崩していかなければならない人
  など、
  リスクのある投資は出来ない、
  できるだけリスクの少ない投資をしたいと思う人はたくさんいるでしょうから、

  そのような人たちにとって、コスト平均法はまさに最適の投資方法なのです。


トップメニューヘ
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO